性行為を増やすことも大事です

不妊を解消する上で性行為を増やすことも大事です。当たり前ですが、性行為が増えればそれだけ妊娠する可能性も高まります。不妊は性行為の減少と繋がっていることがあります。男性ホルモンの減少と性欲の減退は結び付いていたりします。
仕事から帰って来て「疲れた」と言っても周りに良い影響はありません。無理矢理にでも良いので「元気だ」と声に出しましょう。「疲れた」という思いの回数 よりも「元気だ」という思いの回数を作れば作るほど、意識が変わって実際に身体が元気になっていきます。元気になれば性欲も高まります。
疲れづらい元気な身体になるために一日10回のヒンズースクワットも効果があります。
女性は女性で家にいるときは、女性らしい格好をすると良いでしょう。スカートや化粧をしたり、下着の色を変えることで女性ホルモンがアップします。身体に良い影響が出ます。自分に自信が出ます。
その結果、性行為が増えて快適な時間を過ごすことができて、満たされた気持ちの中で妊娠ということがあり得るでしょう。
世界的に見て、日本は性行為の圧倒的に少ない民族だそうです。妊娠をするために週二回の性行為がベストだそうですが、三回でも四回でも限界を決めずに行えば良いでしょう。