未分類

ゴールパフォーマンスの禁止事項

サッカーにおいて今やゴールを決めた後の興奮を表現するゴールパフォーマンスは注目ポイントでもあります。

ただ、ゴールパフォーマンスによっては誹謗中傷と受け止められたり、政治的な意味合いが強かったりと近年はより強化された規則が定められています。

そこで今回は、
【ゴールパフォーマンスの禁止事項】

【かっこ悪い・問題になったパフォーマンス事例】

に関してまとめてご紹介したいと思います!

【ゴールパフォーマンスに関する規則】

まずFIFA競技規則・第12条の中で、

「得点時の選手によるパフォーマンスは過剰であってはならない」と定められています。

・過剰な表現により時間が浪費され試合進行が妨げられる場合は、審判が介入してパフォーマンスの中止を命ずることが出来る

・相手に対し挑発的な態度を取る

・得点後に周辺のフェンスによじ登る

・ユニフォームを脱ぐか、頭部をユニフォームで覆い隠す

・頭部を覆面か、それに類似したアイテムで覆い隠す

引用元:ゴールパフォーマンス
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%91%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9

という行為を行った選手は警告の対象ということになっています。

[badgoalp1]

アルゼンチン代表・バルセロナ所属のメッシ選手がレアルマドリードとのクラシコで得点後のパフォーマンスとしてユニフォームを脱ぎました。

これは、「俺がメッシだ!」というパフォーマンスでしたが、もちろん禁止事項の対象となりましたので警告(イエローカード)を貰っています。

[badgoalp2]

こちらもスペイン代表・バルセロナ所属のイニエスタ選手が2010 FIFAワールドカップの決勝戦で優勝を決める得点を決めた後に服を脱ぎました。

アンダーウェアには手書きのメッセージが書かれていましたが、イエローカードのみで罰金などは課せられなかった事例です。

[badgoalp3]

イタリア代表・バロテッリ選手は筋肉自慢なのかゴールを決めると脱ぐ癖があり、真似をする選手も多発しております。

動画
https://youtu.be/Tmg-PNtSgg8?t=219
(3:40秒からのゴールパフォーマンス)

ユーロ2012でのイタリア対ドイツの準決勝では決勝へ導く2点目を決めた後のゴールパフォーマンスが注目されましたが、もちろん警告を貰っています。

[badgoalp4]

ガボン代表・アーセナル所属のオーバメヤン選手は、ドルトムント時代にゴールパフォーマンスとしてマスクを被りました。

もちろん警告も受けましたが、ドルトムントのメインスポンサーはプーマであり、このマスクはナイキのキャンペーンになってしまいました。

その為にオーバメヤンは約594万円を罰金として課せられたという事例からも、意図して何かを発信すると罰金の対象にもなるということですね。

警告が出されると分かっていても、ゴールを決めた後に興奮を抑えきれずにユニフォームを脱いでしまうのはアドレナリンが爆発状態にあるからかも知れませんね!

悪質・かっこ悪い・ケガに繋がるゴールパフォーマンス事例

ゴール直後にまさかのバク宙からの着地失敗で交代…

ブラジル、インテルナシオナウFWマウリジス選手はチーム3点目を決めて喜びを爆発させ、バク宙をしましたが着地に失敗して交代するハメになりました。

動画

ゴールを決めて一躍ヒーローかと思いきや、1分後には地獄へと落ちてしまうという…幸いにも怪我は重症ではなかったものの何ともカッコ悪いパフォーマンスとなってしまいました。

インドではゴールパフォーマンスによって死亡した事例も!?

インドで試合中に得点を決めた23歳の選手が、ゴールパフォーマンスとして宙返りを行おうとしたところ、失敗して脊髄を痛めてその場で意識不明となり、5日後には死亡が確認されました。

有名選手のゴールパフォーマンスを真似する選手も世界中にいると思いますが、決して無理なパフォーマンスはしないで欲しいと願うばかりです。

韓国選手の猿真似パフォーマンスが物議を醸す

[badgoslp5]

2011年1月のサッカー日韓戦で、ゴール直後に日本人を侮蔑する猿真似パフォーマンスを行った韓国代表の選手が批判されました。

スポーツは政治とは別であり、介入することは許されませんが、韓国の選手が行った猿真似は日本人に向けた侮辱行為と受け止められました。

つり目ポーズでアジア人を挑発!?

[badgoslp6]

U-20ワールドカップ2017のウルグアイ代表のバルベルデ選手が、ゴールパフォーマンスとしてつり目ポーズしました。

これはチームスタッフの一人を真似てやったパフォーマンスと言われていますが、開催地は韓国だったことも考えるとアジア人に対して行われたのでは?と疑われています。

【深堀】つり目ポーズはアジア人の象徴?

ゴールパフォーマンスではありませんが、つり目ポーズはアジア人を真似て行うことは各国では良くあるそうです。

日本代表・乾選手もチームメイトからつり目ポーズで真似されていますが、アットホームな雰囲気からジョーク的な意味合いもあるのかも知れません。

<blockquote class=”twitter-tweet” data-lang=”ja”><p lang=”ja” dir=”ltr”>はいー!<br>バカにしてるー!笑<br>どーせ目細いですよー????笑 <a href=”https://t.co/uf8Bgql7rp”>pic.twitter.com/uf8Bgql7rp</a></p>&mdash; 乾 貴士/Takashi Inui (@takashi73784537) <a href=”https://twitter.com/takashi73784537/status/819880272808255488?ref_src=twsrc%5Etfw”>2017年1月13日</a></blockquote>
<script async src=”https://platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″></script>

ただ、日本人はもちろんことアジア人からすれば差別行為の一つと受け止められやすい部分もあるので、あまりパフォーマンスとしてはやって欲しくないと感じますね。

膝からズッコケ、何事も無かったかのように味方選手とハグ

ドイツ・バイエルン所属のロッベン選手はゴール直後に芝生の上を両膝で滑ろうとしましたが、芝生が濡れていなかったのかズッコケる結果となりました。

動画

直ぐに立ち上がり味方選手と抱き合う姿を見ると、カッコ悪くてもなぜか様になっている気がしますね(笑)

え?パンツ脱いじゃうんですか!?

[badgoalp7]

とある試合でゴールを決めた選手が、ゴール直後になぜかパンツを脱ぎ、頭に被るというパフォーマンスをしました。

[badgoalp8]

その後、観客に対して銃を構える仕草をしていましたが、なぜこのパフォーマンスをしたか、そしてなぜパンツを脱いで頭に被るという発想に辿り着いたかは謎です。

いかがでしたか?ゴールパフォーマンスにも禁止事項はあり、規則を破ると罰金はもちろんのこと、出場が危ぶまれたり追放される場合があります。

また、アクロバティックなパフォーマンスによって怪我に至る、最悪のケースでは亡くなってしまうこともありますので十分に選手には十分に注意してゴールパフォーマンスをして欲しいと願うばかりです。